HOME   »   ★武者修行  »  No.17:The Graduation Day 2
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
アートスクール最終日。

全員が各自別々の脚本をもらっていて、そのシーン演技を発表する◎
講師や他の演劇科の生徒たちの前で、半日かけて全員演技していく。

その日の朝はいつもと同じようで何も変わらない朝だった...。
「でも、これでアート留学の日々が終わるんだな...」
と頭の片隅には思っていたのだが、気にしないようにしていた。

それを気にするようになったのは、
発表を無事に皆が終えて立食パーティを済ませて
最後に”ビッグサークル”といういわゆる円陣を組んだときだった!

今までの”旅”と呼んで仲間たちと頑張ってきた学校の日々。
円陣を組んで一人一人が一言ずつ語っていき
一周まわったら卒業なのだが、
一言一言と思い出やみんなのコメントを聞くうちに
胸が熱くなり
記憶が走馬灯のようによみがえり
自分の番の時には顔はすっかり涙でくしゃくしゃになっていた。
みんながハグしにきてくれて、
あふれる涙が止まらなかった。
悲しみではなく感謝や愛を感じた涙だ☆

こうしてアートスクールを卒業したわけだが、
もちろんその夜は
ナイトクラブでみんなで酒を飲んで踊ってばか騒ぎ(笑)

最高のHollywood North生活も終幕に近づいていた...。

 ・
 ・
 ・

演劇系学科の全てのクラスにおいて、
日本人は自分一人しかいなくて最初は大変だったケド、
...でもその屈辱感や無力感ってのは、
(そこで腐らずにポジティブに受け止めたとき)
ものすごいパワーをもったエンジンに変わって成長の機会となる!!
ってことを学んだよ☆

何でもやりたいことに対して、
足を踏み入れて深入りしていくにつれて
『結果』ばっか先に考えて自分を動けなくするものだけど
そんな時こそ『興味』をもっていた初心に帰ってリスタート◎

大事なのは、
“自分を信じること、自分のクリエイティビティを信じること”
クソみたいな制約なんて蹴り飛ばして、自由な発想で表現しなきゃ!

...でも【自由】と【勝手】取り違えちゃダメだけどね(><)
責任を伴い行うのが【自由】。
責任放棄で行うのが【勝手】。

  ・
  ・
  ・

何か新しいことにチャレンジすることや
新しい環境にダイブしていくことに関して
「そりゃビビってますよ!心配で膝ガクガク(笑)」
って正直あると思うケド、
そういう風にただネガティブにとらえるんじゃなくて、
「新しいことを吸収して成長する機会なんだ!イエーイ☆」
ってポジティブに考えて新しいモノとの出会いを楽しんじゃおうよ!

もし今そんな風に迷っているヒトがこの日記を読んだのなら、
ただこう言いたい。

“Just do it!!”

そこから見えてくるものが絶対あるから☆
でもやるからにはハンパじゃなくてとことんやらないとだけどね!


人生ってのは常に星の数ほどの“選択肢”を迫られていて、
常に選択をして進んでいかなければならないものだと考えてるんだけど、
それらは全て根本的には次の選択にどれも帰着する◎
  ↓↓↓
Positive or Negative
Now or Never
Do or Don’t

(ポジティブにとらえるかネガティブにとらえるか)
(今やるのか一生やらないか)
(するのかしないのか)

...さてどっちを選択して生きていきますか??

  ・
  ・
  ・

この世界にはたくさんのヒトが生きている。
‘自分の当たり前’や‘狭いエリアの常識’を押し付けるのではなくて
異なる人種・性別・年齢・文化・思考etcがあることを知るべき!
60億人のヒトは誰一人同じではなくて、
一人一人異なるアイデンティティーをもった存在である。
でも60億人みんなに共通して通じ合う何かもあると信じている◎
“コミュニケーション”ってのは
そんな一人一人をつなぐ愛のチェーンであり、
同時に互いの違いを理解して認め合うことだと感じた☆

もし100年生きるとして
世界中の60億人以上のみんなに会おうとしたら
生まれてから死ぬまで0.5秒に1人ずつ会わないといけない。
そんな膨大なヒトの中で出会えた限られた全ての仲間は
偶然という名の必然でつながれた
奇跡の出会いであり一期一会☆

物理学のパーコレーションという分野での話。
もし世界中のみんな一人一人が4.5人の知り合いをもっていれば、
その知人をたどることで地球の全てのヒトにたどりつける。
世界はつながっている。

つまり
『もしみんなが身近にいる一期一会な仲間たちをLOVEで大切にすれば
 結局自ずと世界はPEACEになるってこと!!』



  ―――――――――“LOVE=PEACE”―――――――――



アートスクールに感謝。
新しい仲間たちに感謝。
応援してくれたみんなに感謝。
そして“アート”自体に感謝。
全てに感謝。

さて次の一歩を踏み出す時が来たみたいだ...!!
さて第2章開始の1ページ目が今開かれました☆
Life goes on…!!

Life is Art
Eiji

studying abroad in Canada... fin.
スポンサーサイト
NEXT Entry
No.16:The Graduation Day1
NEW Topics
台湾自転車旅#3.5
台湾自転車旅#3
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
2017
「Give & Talk」次回配信の情報解禁!
西東京市在住の若手映画監督の作品上映会 / CHRONO
16' Autumn Part1
新宿アクション映画祭 / NIGHT OF CRISIS
Bram Stoker International Film Festival / Slit Mouth Woman in L.A
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031