HOME   »   ★WORKS  »  JAPAN IN A DAY -追悼-
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
JAPAN IN A DAY -追悼-

【仕事内容:俳優 Actor】

311.jpg

2012年3月11日。/ March.11th. 2012

JapanInADay1.jpg
JapanInADay2.jpg
JapanInADay3.jpg

311に対し自分達はどう接していけば良いのか?
これは日本人の課題になったのでは無いかと思ってます。災害は不可避で自分たちはいつでも当事者になる。
追悼の気持ちは過去、失われた人々への気持ちであり、これから行くべき場所への想像なのかもしれません。
宗教や風習に寄らない追悼の形。

How do we confront with 3.11 tragedy ? That's issue for Japanese.
We can't avoid the natural disaster, Everybody could be the people concerned.
Mourning is past; feeling for lost people; imagination for the place we're going.
This is the Mourning NOT depends on religion and custom.




JAPAN IN A DAY
ここをクリック(Click HERE)
スポンサーサイト
NEXT Entry
ファイナルジャッジメント The Final Judgement
NEW Topics
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
2017
【アメリカでの活動を目指す日本人俳優のためのトークイベントin 東京:第2弾!!】
「Give & Talk」次回配信の情報解禁!
西東京市在住の若手映画監督の作品上映会 / CHRONO
16' Autumn Part1
新宿アクション映画祭 / NIGHT OF CRISIS
Bram Stoker International Film Festival / Slit Mouth Woman in L.A
SUSIE【アメリカ留学インタビュー 】

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930