HOME   »   ★武者修行  »  No.3:many nations, many cultures, but we're human.
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
空港を後にして外へ出ると、
まぶしい太陽、心地よい海風、気温20度。
ベストな環境☆
当たり前だが外国人たちが行き来している。

...。

...きたきたきたきたーーーーーーーー!!

疲労感もふっとぶテンションの上がり↑↑↑
いよいよ実感が少しわいてきた◎
(まだ完全には自分の環境を実感として信じられない。
ドッキリじゃないかとすら思う(笑))


そして日本から申し込んだ仮住居の地図を片手に市街地へと出る。
なんとかかんとか無事に到着できた☆

そしてその家で
フィリピン人、フランス人、ブラジル人、カナダ人、メキシコ人
&日本人代表の自分による
1つ屋根の下の共同生活が始まる事となった!


この日はたまたまフィリピン人のホストグランマが誕生日で、
一緒にお祝いをしてケーキを食べた◎
Happy Birthday to you♪の例の歌を
世界の言葉で歌おうということになり、
一人づつ各国の言葉で歌っていく。

むりやり「お誕生日おめでとう♪」とのせるが微妙に語呂が悪い。
英語のままの方が良いね、この歌は(笑)


部屋へ戻ると一気にベッドへダイブ!!

こうして怒濤の初日がやっと終わった...。

 ・
 ・
 ・

それからの3日はあっという間に過ぎていった。

まず土地勘を磨くためにとにかく色々歩く◎
電車に乗る。バスに乗る。そしてひたすら歩く。
毎日、半日ほど歩き回ったおかげでガイドラインが頭に入った!

アートスクールが始まるまでの何日かはvacationだ。
ある意味、夏休み☆笑

朝から(遊んでる子供達を見ながら)公園でくつろいで、
気ままにdowntown へぶらりと行く。
一番最初は交通網が着いたばかりで分からないので、
バスの中で知り合ったブラジル人の女の子と話しながら
downtownまで同行してもらった。

downtownへ着くと、
ビーチで海を見ながら
(水着の外国人ガールももちろん時たま見ながら)
サンドイッチをほおばる。幸せ。

ビーチにいてぼーっと考え事をしていると時間があっという間に過ぎていく。

...ん?
やばい、
銀行口座開設のアポイントメントに行かなきゃ!!

時間の流れにびっくりしてdowntownの中心部へ戻る。
美術館の前ではTVと思われる撮影。
そこから歩いて20秒くらいのホテルでも目の前の道を封鎖して
映画かドラマかの撮影をしていた◎
「さすが映画産業の強い街だな」とテンションが上がった↑↑
それと同時に、
いつかここに関われる人間になりたいな...
いや、ならなきゃいけない!!
そう思った。

銀行も現地で開設したし、これで日本からお金を引き出せる。
今の家のホストとも交渉して9月末までは住める事になった。
地理感も養われた。
現地の英語環境と生活にも慣れてきた。
学校のオリエンテーションの場所もチェックしてきた。
ぬかりはない...はず。
とりあえず3日でだいたい適応できた☆意外に何とかなるもんだ。


サバイバル下においての人間の適応能力はたいしたもんです(笑)


でも慣れすぎるのも良くない、と思う。
人間何でも慣れちゃうと必要なポイントだけおさえて
細かいところへの関心がだんだん失われてくる気がするからだ。
自分も初日は全てが新鮮だったが
少しづつ生活スタイルの確立と共に感動が少なくなる(> <)

みんなも子供の頃はアーティストだった。
見えてる世界が
「何だこの生き物は??」
「何で空は青いの??」
「何で人は死んじゃうの??」
そんなクエスチョンだらけの世界に生まれて感動や興味に溢れてた!

でも
大人になるにつれて
「夢を叶えるのは難しい。
 空が青い理由を知らなくたって生きていける。
 死ぬものは死ぬで仕方ない。       」
...などと割り切ったりして、
どんどんつまらない世界に自らしていく。

だからこそアートに興味を持つ事で、
子供の時の様な感動にまたあえる☆

自分もアートを志すものとして、
あえて大人になるのに逆らって”ピーターパンシンドローム”に
良い意味でならないといけないなぁ~。

身近にある感動をちゃんとキャッチできる目をもちたい☆
当たり前が当たり前じゃなくて、
ちゃんと幸せなことだとか楽しいと思えるアンテナを育てたい。



話は変わるが、
今日はインターンシップで来ていたフランス人の送別会をやった◎
来週帰国してしまうので、
最後の週末である今日パーティをやることになった!
(しかも彼はかなりの日本食好きなので日本食パーティ)

彼女と同伴でやってくる彼を迎えるために、
みんなで手分けして料理を作る。
自分は手巻き寿司を9人分つくりました!
なかなかの出来に感動です☆

パーティが始まると多国籍のみんなで食卓をかこみ
英語でコミュニケーションをとりながら
ビール片手に(←マストアイテム)日本食を食べてはっちゃける!
何か贅沢だし夢みたいな体験だった。

食事の後はみんなでカラオケ大会へ突入!!
相当盛り上がった、さすが海外ノリ(笑)
音楽は英語と同じように(いや、それ以上に)
コミュニケーションの助けになる。

6時間におよぶパーティも終わり部屋へ戻ると色々なことを考えた。

何か外国人だとか人種だとか宗教だとか文化だとか
みんな確かに違うし、
お互いに尊重しなければならないものだと思う。
でも
その違いを憎しみ、戦争、差別じゃなくて理解し合えないだろうか?
家族が理解し合うように、
彼氏と彼女がお互い近づこうとするように、
世界のみんなが歩み寄れないだろうか。

たくさんの国籍があろうと
たくさんの文化があろうと
結局うちらは同じ人間に過ぎない。
だからこそ
同じ人間として歩み寄れる。そう思う。

そんなメッセージをこめて作品を作りたいと思ったそんな日だった◎

 ・
 ・
 ・
次回からいよいよアートスクール開始編へ突入します!!

To be continued...
スポンサーサイト
NEXT Entry
No.2:A battle against the time in L.A.
NEW Topics
台湾自転車旅#7
台湾自転車旅#6
台湾自転車旅#5.5
台湾自転車旅#5
「Give & Talk」無期限休止
台湾自転車旅#4
台湾自転車旅#3.5
台湾自転車旅#3
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930