HOME   »   ★WEBLOG  »  shoot: Opposites Attaract (3)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
映画「Opposites Attract
撮影レポート第


今回は撮影現場でのお話です

OppositesAttract-6.jpg

この映画は2012年の秋
恵比寿某BARを貸し切ってクランクイン

大幅な撮影延期に伴い、
当初のDP(撮影監督)が撮影に参加できなくなってしまったため
今回新しく来てくださることになったDPは...
なんと
同じく2012年の夏
山形で撮影した映画のDPであるソネさんでした

2か月ぶりに再会して、再び同じ現場に入る
同じ現場で同じ飯を食べた仲間と
こうして他の現場でご一緒できる”縁”は素敵だし幸せなこと
です



撮影当日の朝は、
ソネさんのアシスタント(という程ではないですが...)として、
高田馬場にある事務所から機材を運び出して
恵比寿の撮影場所までタクシーで移動


...が!!!
事故の影響で山手線が全線停止していたこともあり
一番乗りで現場入りする僕ら。。。

まだ誰も到着できず
撮影場所のバーも閉まっていたので、
「誰か初めに来たメンバーを驚かそうと廊下でカメラを組み立てました
(いずれにしても組み立てなくてはいけないので〜)
そうです、サプライズです


しばらくするとエレベーターが動きだし
「誰か来る!!」
とエレベーターのドアにカメラを向ける僕らいたずらっこ


しかしドアが開いてびっくり
映画のキャスト・クルーではなく、
鍵を空けにきた方
でした
逆に、
こっちがサプライズさせられるという

何事もなかったのように平然を装う僕ら
そして鍵が空いて、
普通にさーーーっと店内へ移動


その後電車も復旧して
ちゃんとスタッフ・キャストのみなさんが来れて一安心
兼ねてからお会いしたかった
女優のミチコさんともここで初めて会えて感激


キャストはみんな「海外在住経験がある日本人」で、
スタッフは「外国人」または「海外に住んでいた日本人」

というインターナショナルな現場でした

ソネさんだけが海外在住経験がなかったようですが、
そこはさすがのソネさん!!
アメリカ行きを考えていたことがあり、
「僕は英語が話せませんから〜」と笑いながらも
ミーティング・撮影ふくめて
しっかり全て他の外国人スタッフとも英語でやりとり
をしていました


撮影も大きなトラブルはなく進みました

直前までアシスタントをしていたので
俳優モードになかなかスイッチが切り替えられなかった
のですが
今回の現場でツヨシさんと共演できたことも嬉しかったし、
なによりも
マーティンが紆余曲折を越えて作品を形にしてくれたこと
情熱を感じられてとても素晴らしかったことです

OppositesAttract-1.jpg
撮影初日バーでの集合写真

そんなみんなの気持ちが詰まった映画「Opposites Attaract」
それでは作品の完成をお楽しみに
スポンサーサイト
NEXT Entry
NYFA DAY6 : Prep for 1st Film
NEW Topics
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
2017
【アメリカでの活動を目指す日本人俳優のためのトークイベントin 東京:第2弾!!】
「Give & Talk」次回配信の情報解禁!
西東京市在住の若手映画監督の作品上映会 / CHRONO
16' Autumn Part1
新宿アクション映画祭 / NIGHT OF CRISIS
Bram Stoker International Film Festival / Slit Mouth Woman in L.A
SUSIE【アメリカ留学インタビュー 】

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930