HOME   »   ★武者修行  »  NYFA DAY6 : Prep for 1st Film
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
最初の映画撮影”MISE-EN-SCENE”前日

もちろん通常授業もありますが、
クラスと並行して撮影準備もしなくてはいけません
フィルムメーカーコースに休みはないのです

NYFA-5.jpg
Story Breakdown

5日目は学校から帰った後、
まずは徹夜で脚本を考えてStory Breakdown(撮影概要)を書き出しました

前回の武者修行ブログでも紹介しましたが、
今回のMISE-EN-SCENEで考えたストーリーはこちら!
   
"Girl Meets Boy"
いつも公演のベンチで本を読んでいる男性に想いを寄せる純粋な女のコ。
小さくてピュアな勇気を出して、同じベンチの端に座って、話しかけたり手を近づけてみたり。
それに気がついた男性は、飲んでいたジュースのプルタブを外して、指輪としてプレゼントする。

というもの。

...どうですか
素敵だと思っていただけたら良いのですが〜



5:00AM
こうして6日目(撮影前日)は幕を開けました

これでscript(脚本)・storyboard(絵コンテ)はクリアー


「なぜStory Breakdown(撮影概要)を書いたか?」というと、
これを朝一でコピーしてアクターのクラスで配布する作戦なのです

そこでアクターを確保できれば、アクターのオファーもクリアー


Oakwood-5.jpg
Location Scout

7:00AM
クラスは朝9時から始まるので、
登校前に撮影場所となるベンチのロケーションスカウト

「ロケーションスカウトとは、撮影場所の候補を探すこと」。
日本ではロケハンなどと呼びますが、英語ではLocation Scoutと言います


家の近くにある公園でイメージしていたベンチを発見
(上の写真のベンチです)

Permission/使用許可も解決したので、
ロケーション&使用許可クリアー


明日の撮影に参加してくれるアクター&クルーのために
飲み物、スナック、ピザ、お酒も購入
して準備



9:00AM

ひとまず
カメラのクラスへ参加するため登校

クラスでは実際の映画を見ながら
「長まわし」「クレーン撮影」「水中撮影」「ワイヤー撮影」の知識を深めました
そして明日の撮影で使うフィルムの説明


16mmの白黒フィルムを使用するのですが、
とにかくフィルムはコストがかかります
むむむ。。。


フィルムロールは、
ロール代&現像代を合わせて$52/1ロール
1ロールというのは、撮影時間で言うと2分〜2分30秒

つまり、
2分撮るごとに約5000円かかるのです
(20分撮ろうものなら、それだけで5万円の出費というわけです)

予想外の出費がこれから予想されるので
今後の撮影のことも考えて
節約生活でセーブしながら必要な出費のみに押さえたいと思います


NYFA-4.jpg
(左から)エイジ&リチャード&ウィル

午後のディレクティングクラスでは、
実際にMISE-EN-SCENEを撮影するチームでMTG(ミーティング)

今回の撮影チームは、
リチャード&ウィル&自分の3人

明日・明後日の2日間で、3人で、
それぞれの3作品を仕上げなくてはいけません

自分が監督する作品では、他の2人はクルーとしてサポートしてくれます
逆に彼らの作品では、
自分はDP(撮影監督)またはAC(アシスタントカメラ)としてクルーに徹します

3つの作品を通じて、3ポジションの仕事を体験して学ぶわけです

さっそくstoryboardやロケハン写真を見せながらプレゼンして、
他の2人の撮影アイディアも確認。

撮影は
1日目の午前:ウィル
1日目の午後:エイジ
2日目の午後:リチャード

という形で決定


そのまま必要な機材を借りるため
Redにあるequipment room(機材室)

撮影に必要な機材として
カメラ、マットボックス、ライトメーター、Gel、c-47、カチンコ、レンズクリーナー、グレイカード、メジャー、NDフィルター、照明3種類、延長ケーブル、トライポッド、照明用ポッドなどを1つづつ確かめながら借りて行く。

今日は夕方でクラスが終了なので、
ウィルの車で全員のロケーション確認
ヴィジュアルを含めて具体的な撮影イメージが湧きました

普段は車がなくて大きな移動が出来ないので、
...そこはせっかくのウィルの車。
みんなでメキシカンを食べに行きました
タコスのサルサソース食べ放題というのは嬉しかった
こちらでは
飲み物に一応R(レギュラー),L(ラージ),XL(エクストララージ)などあるのですが、

まずでかい。

とりあえずでかい。

既にRの時点でLより大きいので、XLは本当にもはやバケツ LOL

そしてここでアメリカの七不思議

”ファーストフードの多くの店では、暗黙の了解で飲み放題”


レジで飲み物をオーダーすると空のカップが渡されて
ドリンクバーの機械で自分で入れるのですが、
いつでもおかわりできるし
何ならみんな最後にカップいっぱいに飲み物を入れて持ち帰る

もはや100円で日本のLサイズを2〜3カップ飲めてしまうという現実。

じゃあなぜR、L、XLと3種類あるのか

自分が思うには
「一度で運べる量が多い」
「持ち帰れる量が多い」

むしろそれしか考えられない(笑)

とは言いつつも、
Rサイズですら日本のLサイズより大きいので自分には十分です

いやーこれがアメリカだ

食事と同時に、
連絡を取っていたアクター達から出演OKのメール

これで
脚本、アクター、ロケーション、クルー、機材など基本的な撮影準備はOK

もう夜になります。
明日の撮影は朝7時集合なので朝5時起き

これから家で最終的に煮詰めて、
夜1時には寝て少し睡眠を確保したいと思います


やはりここまででも
”英語力に課題”を感じている。
ネイティブレベルじゃないと対等に勝負は出来ないし、
限られた撮影時間の中で伝えるのに要する時間が
ネイティブの1.5倍かかれば
その分撮影にかけられる時間が減ってしまう...


もしやりたいことを自由にこなしていきたいなら
TOEIC900(少なくともTOEIC850/英語検定準1級)レベルの英語力
必要なスキル
だと思いました

言い訳しても現実はすぐに変わらないので、
ポジティブに考えていきますけどね

どんな時でも笑顔をもってポジティブにいれば、確実に幸せは近づく
ポジティブは生まれつきだけじゃない。
意識とトレーニング次第で、どこまででも良質にしていける
”ネガティブ→ポジティブ変換”すれば、
「コンプレックス」だって「個性」になっちゃうんだから


英語でのハンデがある分、周到な準備をして、
他の監督達よりも作品へのアイディアとベストな現場づくりを提供していきたい


いよいよ明日は初の撮影


楽しんで精一杯やること、それをモットーに今を生きてきます


続く...To be continued...
スポンサーサイト
NEXT Entry
Django Unchained Movie Contest
NEW Topics
東南アジア一人放浪旅 2017 #1
台湾自転車旅#10
台湾自転車旅#9
新企画「TIME CAPSULE」始動
台湾自転車旅#8
台湾自転車旅#7
台湾自転車旅#6
台湾自転車旅#5.5
台湾自転車旅#5
「Give & Talk」無期限休止
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031