HOME   »   ★武者修行  »  NYFA FILM : Continuity Film
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
"Continuity Film"撮影

NYFA11日目を終えて、
第2週目の週末課題”Continuity Film”撮影に突入

ウィル、セシリー、モニカと一緒に
それぞれが監督する4本の作品を2日で仕上げて提出します

今回の課題”Continuity Film”は、
空間・時間に飛びがないようになめらかにつなげた映画
アクターの身体的および空間的つながり
イマジナリーライン、目線、アクションのつながりは徹底的に注意
脚本・ロケハン・ショットリスト・フロアプラン・撮影概要・スケジュールを事前準備すること
ロケーション:1か所のみ
アクター:2人
使用可能ショット数:10〜15ショット
作品時間:3分以内
撮影持ち時間:4時間
編集持ち時間:4時間×2セット

という制限のもと撮影します


NYFA-25.jpg
撮影機材を車に詰め込んでいる僕ら

1番手の撮影は自分エイジ
明日1日目に撮影ということで地獄の一日が幕を開けました〜

寝ずにひたすら準備
あまりに忙しすぎて寝る間もなかった
撮影までの24時間の動きをダイジェストでどうぞ


撮影前日

13:00 撮影隊編成
撮影前日に初めてチーム発表(ウィル、セシリー、モニカ)

14:00 撮影機材をゲット
REDの機材室で装備一式を確認して運び出し

14:00 - 17:00 クルーミーティグ
明日・明後日の撮影プランをたてます(1番手がエイジに決定)

17:00 - 20:00 prop/wardrobeを用意
ストーリーアイディアを考えながらマーケットで小道具の買い出し
衣装部屋で衣装をチェック

20:00 - 23:00 キャスティング
15人くらいのアクターに片っ端から連絡してオファー
PW#1で知り合ったジャッキーとダンをキャスティング

23:00 - 24:00 crewに報告/撮影スケジュール調整
ここまでの動きと明日以降の撮影プランについて携帯でお互いに連絡

撮影当日

24:00 - 5:00  脚本第一稿を書き終える
深夜に5時間かけて脚本を書き上げる

5:00 - 8:00   最終稿を仕上げる
最終的な詰め作業をして脚本が完成

8:00 - 9:30  ストーリーボード(絵コンテ)
撮影用の絵コンテを書き上げる
眠さと疲労の限界が一時的に押し寄せるが打破

9:30 - 10:00 プロダクションスケジュール作成
撮影の概要・スケジュールなどの資料を一気に作成

10:00 - 12:00 ロケハン
撮影場所のロケーションスカウトに繰り出す

12:30 - 13:00最終打ち合わせ
crewが集結して最終的な打ち合わせを行い共有

13:00 - 14:00 セットアップ
アクターが到着。クルーは現場のセット開始。


...のはずが、
ここでトラブル発生


アクターのジャッキーが前の撮影がおしていて
こちらの撮影に間に合わないという事態に



もう別の時間での撮影はできないし、日没までが勝負
ここまで寝ずに24時間ノンストップで働いてきたのに、
ものすごい絶望に一瞬おそわれる...



絶望していても仕方ないので、
柔軟かつスピーディに対応策を考える



ダンの紹介で別の男のアクターが今から来れるとのことで
キャラクターを男女2人から男2人に書き換えて、
新しく決まったアクターのファティ(トルコ)をピックアップ



予定より1時間おしたが、
15:00 - ついにリハーサル開始

16:00 - 撮影開始


日没まで1時間、
ファティも17:00までしか撮影に参加できないということで、
必要性の低いショットを切り捨てて
ファティが映るショットを先に撮影
して行く

なんとか約束の2分前にファティのショットを撮り終える


ここからダンのみのショットを撮影して行くのだが、
怖れていた日没に
デジタルならまだしも、
フィルムでは光量不足=撮影不可能を意味します

急遽、
NOOKライトという強力な照明を設置して対処することにしました
しかし
延長ケーブル2本をつないでも
用意していた電源コンセントまで届かない


近くに住んでいる部屋の方に状況を説明して
コンセントを貸していただくことでNOOKライトを起動
本当に見ず知らずの自分にコンセントを貸してくださって大感謝


ダンも次の撮影が迫っていたので、
一気に40分で残りのショットを撮り終えました


クルーのウィル、セシリー、モニカ、
そしてアクターのダンが
非常に協力してくれたおかげで撮影ができました


誰一人欠けてもこの撮影敢行することは厳しかったと思います
仲間の有り難みをひしひしと感じました

この日はアクターとクルーにディナーをごちそうして解散

ジャックバウアー並みのsuper busyな24時間の準備+撮影を終えて
心身共に限界を迎えて
そのままベッドにダイブして倒れ込みました



NYFA-23.jpg
モニカの撮影
(左から)ウィル、アティ、アンドリュー、モニカ、イナル


明けて2日目は
セシリー、モニカ、ウィルの順番で撮影をしていきます
3本の撮影なので本日もタフな一日になることが予想されていました

午前中のセシリーの撮影はウチで行いました
しかし
ウィルは交通トラブル、モニカは自分の撮影準備のため、
撮影時間に現れませんでした


仕方がないので、
セシリーと自分の2人(そしてアクター)で撮影開始

自分がDPとして、監督セシリーとサクサク撮影を進めて行きました。

撮影後半ではウィルも合流して無事に撮影完了
(セシリーがこの後にベストパートナーの一人となることは
 この時はまだ知る由もなかったのでした)


ひと休憩した後は、
モニカに招集されてバス停での撮影

アクターが確保できずに他のフィルムメーカーを俳優として起用
公共のバス停での撮影と問題山積みでしたが
何とか撮影終了しました

無事な撮影では決してなかったと思いますが、終えました


NYFA-24.jpg
ハンガリーの俳優ポーリー
(彼はボクをブルースリーと呼びます)

セシリー&モニカは
別件の撮影チームのアクターとして参加
することになって
ここでまさかの離脱

満身創痍のままウィルの撮影をするべく、
ウィルと2人で撮影場所へと機材を運びながら移動

アクティング科が夜7時にクラスが終わるので、
その時間に合わせてセットアップを終えて
アクターが来るまでにウィルと撮影プランを煮詰めるミーティング


そうこうしているうちに
アクターのポーリー(ハンガリー)&エレナ(ギリシャ)が到着

2人ともベテランオーラを放っていて、
(実際にNYFAに来る前からの経験者なので)
非常に現場がスムーズに動きました
やはり現場を分かっているアクターは心強い

NYFA-21.jpg
壮絶な2日間を終えて
やっとひと安堵を得たMy Broのウィルと自分エイジレオンリー


撮影1日目は30時間にも及ぶ自分の撮影。
撮影2日目は3本の作品を撮るというタフなスケジュール。


明日も朝8:15から夜8:00まで学校があるので、
少しでも体力の回復に努めたいと思います

それにしても入学してから1日も休みがない
でも忙しいことは良いことだ
忙しいということは充実しているということだ
殺人的スケジュールでも情熱を注げるモノがあるということは幸せだ
そう、自分は今、とっても幸せなんだ
アートがない人生なんて考えられない
それくらい恋しちゃってるんだ
LIFE IS ART



こうしてロサンゼルス武者修行は、
明日からNYFA3週目へ突入するのであった

To Be Continued...
スポンサーサイト
NEXT Entry
NYFA DAY12 & 13 : Hard days & Tap card
NEW Topics
東南アジア一人放浪旅 2017 #1
台湾自転車旅#10
台湾自転車旅#9
新企画「TIME CAPSULE」始動
台湾自転車旅#8
台湾自転車旅#7
台湾自転車旅#6
台湾自転車旅#5.5
台湾自転車旅#5
「Give & Talk」無期限休止
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031