HOME   »   ★WEBLOG  »  WONOGAWA Premiere in Yonezawa
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
映画「ヲ乃ガワ」米沢ワールドプレミア!!

wonogawa-0.jpg

話はさかのぼりますが、
山形にて、映画「ヲ乃ガワ」米沢ワールドプレミアに参加させていただきました

映画「ヲ乃ガワ」とは
山形県米沢市にある小野川温泉地域の若者を中心に3年の歳月を費やして製作された映画。
監督は独特の感性で世界の映画祭から高い評価を得ている「グシャノビンヅメ」の山口ヒロキ監督。
2010年2月からの準備期間を経て2012年8月、米沢周辺にて撮影を敢行。
千年後の小野川温泉を舞台にした壮大でオリジナリティ溢れるSF物語が創り上げられた。
「映画づくりで、人づくり、まちづくり」を合い言葉に小野川の地域活性化を目標として、
映画を通じて米沢を、東北を盛り上げていく!



2012年の夏、
アメリカ出発前に小野川で合宿撮影した
自身が尊敬する山口ヒロキ監督の最新SF映画

それが「ヲ乃ガワ」

制作&俳優ということでとても得ることの多い現場でしたし、
合宿生活を通じて新しい仲間とも出会えて、
街づくりの一環として携われたことを誇りに感じています



その作品の初号プレミアが米沢で行われることになり、
日本にちょうど帰国していたので
先日ご紹介した麒麟淡麗CM撮影を終えて
新幹線にて弾丸で米沢へ

爆弾低気圧の接近もありましたが
なんとか無事に米沢へ到着していざプレミア会場へと急ぐ


会場へ到着して楽屋に入ったまさにその瞬間
「おーエイジくん!ちょうど良かった。たった今から舞台挨拶あるから一緒に登壇して!」
と衣装を渡されて、
挨拶する間もなくその場に荷物を置いて
私服の上に衣装をまといながら2分後には舞台袖へ


急遽の登壇でびっくりでしたが、
天候も非常に悪い中、
会場にお越し頂いたたくさんのお客様を目にして感動がこみあげてきました

自分が本編を見る前に、
本編を見終えたお客様にむけて舞台挨拶をするちぐはぐな状況
でしたが
急遽登壇までさせていただき感無量


その後、ヲ乃ガワメンバーと久しぶりの再会をわかちあい
夕方からの回で
こっそり会場で初めて映画として作品を拝見させていただきました


懇親会の後に
「終電の新幹線で東京に戻ろう」と思っていましたが、
爆弾低気圧の影響で新幹線は完全に運休

(高速道路も封鎖のため)帰る方法もなかったので
小野川の寿宝園さんに宿泊することに決めました〜
結果的に、温泉にも入れて大満足の一日でした


映画「ヲ乃ガワ」予告(Trailer)



ヲ乃ガワ -WONOGAWA-」公式サイト
ココをクリック!



wonogawa-premiere.jpg
及川奈央さん、山口ヒロキ監督、前田希美ちゃんを囲んで

上映会終了後の写真

みんなすごく笑顔にあふれているでしょ

本当に誰一人欠けても完成できなかった、
みんなの想いが詰まった奇跡の作品です


ちなみに
みんながやっている指3本を立てたポーズ
♨マークを表した「ヲ乃ガワ」ポーズ


よく自分が”LIFE IS ART”と言うと、
「ART IS LIFEでしょ?」と言われるのですが、
違うんだよなー。
”芸術こそ人生”というエゴ的なことじゃなくて、
”人生そのものがアート”だということの素晴らしさ、
そこに気がつくことの大切さを伝えたいんです、

ボクは。


最後に。

個人的に今回の経験を通して強く感じたのは
インディーズ映画をもっと身近なモノにしたいな
ということ。

こういう業界の人しかなかなか見る機会がないけれど、
一般の人にも広く見れる場所をつくるために、

麻布で自主映画を上映して楽しめるレストランの企画を進行中
賛同者、ドシドシ募集中
スポンサーサイト
NEXT Entry
Answer Members in TOKYO
NEW Topics
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
2017
【アメリカでの活動を目指す日本人俳優のためのトークイベントin 東京:第2弾!!】
「Give & Talk」次回配信の情報解禁!
西東京市在住の若手映画監督の作品上映会 / CHRONO
16' Autumn Part1
新宿アクション映画祭 / NIGHT OF CRISIS
Bram Stoker International Film Festival / Slit Mouth Woman in L.A
SUSIE【アメリカ留学インタビュー 】

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930