HOME   »   ★WEBLOG  »  Shooting in Adelaide -Part1-
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
先日の
オーストラリアでの映画撮影レポート
弾です


今回向かう撮影地は
オーストラリアの南に位置する文化と芸術の街アデレード

日本から直行で行くことが出来ないので
今回はまず7時間かけてとりあえずクアラルンプールまで来ました
到着時は夜だったのですが、気温33℃って!(笑)

そしてクアラルン・プールだと思っていたら、
クアラ・ルンプールだったのかと知るマレーシア初上陸でした

空港で乗り継ぎして再び空の旅

HELLO, AUSTARALIA !!:)))
成田空港から約24時間。


オーストラリアVISAで少しトラブルに見舞われながらも、なんとかクリアーして、
目的地のオーストラリアのアデレード到着

M1050004_convert_20140501092130.jpg

空が広い!!気持ちよい!!


アデレード国際空港まで迎えにきていただいて
車で監督のおウチへ

これから撮影期間は、
監督宅のゲストルームで居候させていただきつつ撮影に臨みます

空港から家までの間、
車窓を見ていてすぐに気がついたのは
建物がフラットで基本的に1F、または2Fであること。
さすが広大な土地があるだけあって、
3階建て以上の高い建物をつくるよりは横に増やしていこう
という発想のようです

そのため移動手段は基本的に車が全てといっても良いほどの車社会
外を歩いている人はごくまれにしか見なかったなー


TES_ADELAIDE-3.jpg


ここでアデレードという街をご紹介

人口100万人でオーストラリア5番目の都市。
山と海に近くて大自然に囲まれたスローライフな街です
歴史や伝統も垣間見える古き良き空気が流れていました

物価の高いオーストラリアで最も生活経費が低い上に、
教育水準が高く、ワーホリや留学生にも人気

アデレードの教育機関は相互に連係を取り合っているため、
学校間の進学などが便利なこともアデレード留学の大きな特徴。

地元で採れる豊富な食べ物やお祭り好き
国際的で、安全で、礼儀を重んじ、色々な異文化を取り込む都市なのです。
内陸部は起伏の激しい丘や山に恵まれ、羊牧場、ブドウ園、金鉱山、塩湖、太古よりの山脈、砂漠があります。
またコアラ、カンガルー、ハリモグラなども生息しています

繁華街はあまりないですが、ゆっくり人生を楽しむ街。アデレード。


TES_ADELAIDE-2.jpg


色々な場所でよく聞くことなんだけど、
「日本だと無名で見向きもされない」

じゃあ他の国に行けば良いじゃない

もっとちっぽけな常識なんか捨てて、自由に、シンプルにいればいいよ

実際に無名でも実力で評価してもらって、
チャンスを得てきた人をたくさん見てきた

その勇気に敬意

自分も決して平坦な道ではなかった。

至って普通の家庭に生まれた僕は、
海外でも仕事をしようと決めてから、
資金的なバックグラウンドもコネクションもゼロで、
道を全て切り開いてきた

この仕事をするために
3年間ほとんど寝ない日々の中で
3つの仕事をかけもちして働いて働いてお金をためて
独学で勉強して勉強して語学や演技の準備をして
カナダへ留学した

日本に帰国してからも全く何も分からないセカイだった

俳優を始めてからは4年だけど、準備もふくめれば10年という歳月を要し
そしてやっと10年やってみて
少し海外で撮影に参加できるようになり
ちょっとだけ思い描いていた未来が現実になってきた

先日、るろうに剣心の大友監督も言っていた
「結果が見えるのはだいたい10年くらい続けてから」

ロサンゼルスでお会いした園子温監督もこう言っていた
「ちゃんと仕事して食えるようになったのなんて最近だよ。
とにかく自分のやることをやって続けていくことが大事なんだよ」


俳優としてはまだまだだけど、
思い描いて10年、
やっとスタートラインにもうすぐ立てるのかもしれない




アデレードは夜20時まで外が明るくて、暖かくて、
なんだかとても長くて贅沢な一日を感じました

こうして1日目は終わったのでした



アデレード2日目は、
朝からさっそくの”顔合わせ&リハーサル”

ドキドキワクワク
でもやっぱりドキドキ!
でもやっぱりワクワク!

プロデューサーのテスや出演者と会って
複数の俳優がそろうシーンのみリハーサル

いつも言ってますが
こうやってセカイの俳優と
映画の中で演技が一緒にできるのは本当に喜び
なんです
カナダ留学でセカイの俳優と一緒に演技を学んだ経験が根っこにあるから

オーストラリアアクセントに慣れるのには少し時間がかかりそう
全てのaのエイ発音がアイ発音に変わるので
crazy→クライジー
Let's take→レッツタイク
basically→バイシカリー
today→トゥダイ

と一瞬頭でモードを切り替えないといけない

リハーサルが終わったと思ったら
明日からはすぐ撮影開始


次回レポートへ続く
スポンサーサイト
NEXT Entry
Shooting in Adelaide -Part2-
NEW Topics
東南アジア一人放浪旅 2017 #6
東南アジア一人放浪旅 2017 #5
【!!CASTING CALL / ドイツTV番組!!】
東南アジア一人放浪旅 2017 #4
東南アジア一人放浪旅 2017 #3
東南アジア一人放浪旅 2017 #2
「Answer」オンライン無料公開中
東南アジア一人放浪旅 2017 #1
台湾自転車旅#10
台湾自転車旅#9
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031