HOME   »   ★WEBLOG  »  For Entertainers In ShowBiz
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
先日、ある記事を書かせていただいたところ、
とても大きな反響があったので、
こちらのブログでも紹介させていただきますね



「有名アイドルさんの話を聞いて頭をかけめぐったこと」

この業界にいるのに、
(恥ずかしながら)日本のアイドルについて本当に馬鹿にされちゃうくらい知りません

最近有名アイドルの方々が
歌•ダンスを磨きパフォーマンスやイベントをこなす
寝る間もない殺人的スケジュールの中
で、
海外進出のために英語•中国語•インドネシア語などの言語を
さらっと半年〜1年程度で習得している
お話をうかがって、
本当に尊敬しました

やっぱり「生き残るプロ」っていうのは、
常にどん欲に挑戦し続けて、
才能を凌駕する努力のたまもの
に裏付けられている

アイドルはバカにされやすいですが、
ダンス•歌•トークなど超ハードな仕事をこなしながら、
語学•資格•演技•アクションなどを習得して行く事は常人には容易くない
よ。

さらに美を磨き、トレーニングも毎日しているのだからすごいことだよ


男性アイドルも特に若い世代は、
当たり前に歌•ダンス•演技•アクションの日々の鍛錬に加えて、
+語学
ができる
つまり
それくらいグローバルな市場になったし、
逆にグローバル視野じゃないとエンタメで戦っていけない流れ

どんどんなっている表れだと感じています

(以前にも話しましたが)
韓国のアーティストは同様に
ほぼ全員が歌•ダンス•語学を徹底的にプロデビューまでに磨いて、
平均トレーニング時間は
”約6000〜8000時間”
に及ぶそうです

あるハリウッド俳優がインタビューで語っていましたが、
演技のトレーニングは
10000時間積んでやっと一人前
だそう。

6000〜8000時間とか10000時間とか、
数字で書くとあまりイメージしずらいかもしれませんが
実際に自分の生活にあてはめて考えてみてください

もちろん時間が全てではないけれど、
この業界を目指す人に目安になると思うし、
そういう事実があり今こういう波の中にいるということを知っておくと、
きっとどこかで役立つ
と思うんです


一線で活躍している人たちですら、この常軌を逸する努力を重ねているのだから、
現時点で無名な人が世に出て行くためには、
そして生き残るためには、
最低限でもこれ以上の努力をしていかないと追いつくことはできない。

どんどん差が開いていくだけだ。

勘違いしないでほしいのは、
「芸術はそれだけで人生を豊かに彩って素晴らしい。」

ただ、
「それを仕事にしたい、一流になりたい」と思ったら、
世界中のライバルに負けない驚異的な努力はプロとして必要だと感じます。

その瞬間に、同時に、「実力+ビジネス要素」が必須になる。

そのビジネス要素に気がつかず、
実力だけを磨き続ければ必ず一流になれると信じて、
壁にぶつかって見動きがとれなくなってもがいている人があふれている

もちろん圧倒的な実力で勝ち取っていく人もいる


ここまで書いたのは事実として情報だけど、
最後に僕自身が思うことも少しだけ。


夢を馬鹿にする人が多いけど、
空気みたいに夢がなきゃ生きていくことができないじゃん

人間は現実だけでは生きていけない。
「未来がこうなると良いな」「これしたいな」「こうなりたいな」という夢があるから、
それがモチベーションになって生きていけてる
夢が僕らを生かしてくれる

どんなに厳しいいばらの道でも、
”才能があるからこそこの道にひかれた”と信じて、先が見えなくても落胆してはならない。
全ての成功者も同じ経験をしてきた。
大事なのは
信じて、全力を尽くして、継続する事。 情熱が続く限り。

そう、「情熱」
これこそがキーワードだと自分は信じている

この常軌を逸するような時間•努力•労力を越えていくには
”あふれる情熱がないと到底無理だ。
情熱がなくなったら、それがきっと終わりのタイミングなんだと思う。

資本主義の競争社会は、勝ち負けをつけたがるので、
夢やぶれた人を負け犬と呼ぶだろうが
そんなことは関係ない。

誰でもない自分の人生なんだから、そんなこと勝手に言わせておいて、
迷惑さえかけなければ”自分が最高だと思う人生”を
何も恐れずに過ごせば良い


情熱がなくなったら、それが潮時のタイミングというだけで、
負け犬だなんて感じずに自分が全力を尽くしてやってきたことに
誇りをもって堂々と生きていけば良い



アイドルさんの話からずれてきましたが、
自分が結局何を言いたかったかというと、
「後悔がない人生を送るために、心の声が導く方向へ、全力で取り組む」

そんなに情熱を注げるものが人生に1つでもあれば
それ以上に幸せなことはないと思う
スポンサーサイト
NEXT Entry
Memories of RUSSIA
NEW Topics
台湾自転車旅#3.5
台湾自転車旅#3
台湾自転車旅#2
台湾自転車縦断旅#1
2017
「Give & Talk」次回配信の情報解禁!
西東京市在住の若手映画監督の作品上映会 / CHRONO
16' Autumn Part1
新宿アクション映画祭 / NIGHT OF CRISIS
Bram Stoker International Film Festival / Slit Mouth Woman in L.A
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031