HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト★WEBLOG  »  14' Autumn Part1
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年も気がつけば後半に入ってきましたね!
時間はあっという間に過ぎていくので、日々を大切に生きていきましょう

ここ1か月以上、ブログではお仕事プレイバックしていたので、
久しぶりに日々を綴ります


秋ブログその


俳優の勉強のために10年間で集めた本やビデオなどを、
改めて原点回帰の意味で
読み直し/見直しをしたりしていました

その中で心に響いた内容を少しピックアップしてご紹介したいと思います
今日のブログは俳優向けですー!



「演技は自然に振る舞うことなのでトレーニングはいらないと考える俳優もいるが、テクニックや訓練は必要だ。
オーディションや撮影でプロのパフォーマンスができないならば、その演技トレーニングは無意味。」

(ショトレフ)

まさに確信をついている言葉
世界にはたくさんの演技法やトレーニングがあるけれど、
それをアウトプットするその勝負の場でパフォーマンスができるかどうか、
それが俳優がするべき”意味のある”トレーニングだね。
もし今やっていることで、この結果にたどり着けないならば、
変えてみる必要がある
かもしれないよ



無名時代のロバートレッドフォードのエピソード。
自分とは見た目が合わない役のオーディションがニューヨークであった
無一文の彼はヒッチハイクでハリウッドから大陸横断して
NYへ行きオーディションを受けて、役を得た

「自分と役柄が合わないから」「オーディション場所が遠いから」「お金がないから」
言い訳なんて誰だって、いくらだってできる。
本当に価値があるのは、出来ない理由を探すことじゃなくて、出来る方法を見つけることだ

”限界を決めない、フットワークは軽く、そしてタイミングを逃さない。”



”俳優と演出家の喧嘩”はよくあるトピック。
対立は作品を必ず失敗させる

お互いが作品を良くしようとしている中での衝突で、
作品の価値が下がったら一番無意味なこと
演出家は
「人間に興味を持って俳優たちの演技に責任を持つ」。
俳優は
「文句を言わずにオープンにコミュニケーションする」。

その中で、お互いに何か吸収できるものを探してみよう



確かに”俳優”はアーティストの一種なんだけど、
俳優が関わる「作品」は団体で作る総合芸術なわけで、
俳優部という1つのパーツであることを忘れてはいけない
俳優は決して偉くない。おごるな。敬意を持って謙虚であれ。

絶え間ないクリエイティブの泉
終わる事ない情熱を燃やして、
人間としてのユーモアを欠かさず、
俳優という仕事に恋をする



人間は得てして
自分を格好良く見せたいものだが、
演技の上ではぶざまで弱い自分を見せる勇気が必要
「人間を演じるのが俳優の仕事だから!」
その無意識のガードや殻をぶち壊せるか、これが第一ステップ



作品は時として、
「1つの解釈である必要はなくて、
見る人によって解釈が異なるもの」
であって良いんです
商業的に分かりやすいもの分かりやすいものにしていこうというのも理解できる。
それでも大切にしていくべき芸術性も確実にある



俳優は、
プライベートや素のキャラクターをさらけ出す事がマイナスになり得る

俳優自身のイメージが定着すると、観客の役への共感の妨げになる。
人は真実よりもイメージで定義して見ようとする
(「普段はこういうキャラなのにこんな役を演じてるよ...」)

でもそれを逆手に取って利用するのも面白いと思う



アーティストには一生終わりがない。
終わりを定義するなら「人間全てを知る事」。だから面白い
言葉が通じなくても芸術のために人が集まる
これこそ芸術の求心力の証明であり、可能性

同時に、
“正解のない答案用紙に最も適する答えを埋めて行く”
とてつもなく孤独な仕事な面もあることを知っておくべき



俳優はフィクションの世界に生きていて、
リアルと反対の位置にいて矛盾した存在に見える
けど、
本質的なものを物語にのっけていくストーリーテラー
真実を伝える意味ではジャーナリスト
報道などで真実をストレートに伝えるより、
映画のようにデフォルメして伝えた方が伝わる分野もある



一緒に新たなステージへと向かう仲間たちへ

今、おしよせている苦難の数々は、次のステップへの喜びの痛みのはずだ

そう信じて、このいばらの道、道中を楽しんで歩んでいこう

WE CAN DO IT, WE CAN MAKE IT.
スポンサーサイト
NEXT Entry
WONOGAWA on theater
NEW Topics
台湾自転車旅#10
台湾自転車旅#9
新企画「TIME CAPSULE」始動
台湾自転車旅#8
台湾自転車旅#7
台湾自転車旅#6
台湾自転車旅#5.5
台湾自転車旅#5
「Give & Talk」無期限休止
台湾自転車旅#4
Author

EIJI LEON LEE

Author:EIJI LEON LEE
★オフィシャルサイト
http://filmsta.wix.com/eijileonlee

★Twitter
Twitterボタン

@EijiLeonLee


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。